便利なDMの印刷テクニックについて

宣伝物としてDMは効果的なツールと言えます。その印刷におけるポイントを押さえておけば、開封率を高めることも可能です。まず基本的に開封率は低いものと考える必要があります。例えばマンションで配布しても、郵便受けのそばにあるゴミ箱にすぐ捨てられることになります。そこでまず封筒に目立つようなキャッチコピーを大きく記載することが必要です。どのような内容なのかを一目で分かるようにすることで、開封率は高まります。次に中身ですが、簡潔に提供したい商品やサービスの利点を記載することが必要です。それを購入したり利用することで、どんなメリットがあるのかを理解できるようにする必要があります。単純に提供しているサービス内容と料金の羅列だけでは、全く興味を持ってもらうことはできません。

商品やサービスよりも夢を売ること

直接ターゲット層に配送できるDMは、封筒の中に多くの情報を詰め込めるのが特徴です。けれどもあえてその情報量は厳選する必要があります。他の郵便物と共に家の中に持ち込んで、中身を取り出すとします。そこにびっしりと文字で商品説明などが書かれていると、読む気を失うものです。ましてや帰ったばかりで落ち着かない時に広げた場合には、そのまま捨てられてしまいます。そこで読みやすく分かりやすいようにデザインして印刷することが必要になります。さらにターゲットに応じてそのレイアウトなどを変えることも大事です。高齢者に向けたものならば、読みやすいように大きな文字にするといった工夫が必要と言えます。このようなデザインひとつで、宣伝効果は大きく左右されることを知っておくことが必要です。

ネットプリントならば簡単にデザインが作れます

宣伝効果の高いデザインにするためには、試行錯誤が必要です。何度も配布して反響率を測定し、どんなデザインが効果が高かったのかを調べることになります。そのように手間をかけずとも、ネットプリントのサービスを利用すれば、簡単にDMのデザインを作ることが可能です。ネットプリントでは配送も代行するところがあり、その結果を測定してテンプレートを作っているところもあります。このような印刷サービスであれば、苦労することなく売上を増やしたり集客率を高めることが可能です。しかもテンプレートは無料で利用できますし、ネット上で好きなように編集することもできます。さらにネットプリントは納期も短いので、必要な時に全国どこでも配達してくれるので便利です。料金も安いとあって、お得に利用できます。